2018年9月 聖句によせて 「ザアカイは急いでおりてきて、喜んでイエスを迎えた。」

  • 2018.10.01 Monday
  • 22:29

 ◆聖句によせて   
  「ザアカイは急いでおりてきて、喜んでイエスを迎えた。」
                    ルカによる福音書19章6節
  背が低かったザアカイが、イエスという青年を一目見たいと、木に登って、イエスを盗み見ていたところ、青年イエスは気がつき、見上げてザアカイをご覧になり、今日は、あなたのところに泊まりたいとおっしゃった。
 ザアカイは喜んで、イエスを家に案内してもてなした。
 そういうイエスとの邂逅の出来事ですが、このなんの変哲もないような出会いの出来事から、無限の神の愛を感じとり、多くのキリスト者は神と人を愛するエネルギーをくみ上げてきました。
 ザアカイは、社会的に疎外された立場の人であったと想像されています。
 裕福とまではいかなかったとしても客人を宿泊させるに足る部屋とか食事の用意とかが可能な社会層ではあったようですが、人間関係においては、彼に道を譲ったりする同情をかけてもらえるような人物でもなかったようです。人知れずにイエスを樹上から見るほかないという事情は、彼が置かれていた状況を想像させます。
 そのような彼の自己感情は、自己肯定感が低い多くの人々の自己感情とつながってきます。それは、「自分のようなものは神さまの愛に値しない存在なのだ」という自尊心が傷つけられたこころの状態です。自分が尊い存在なのだという、自己肯定感を充分にもつことができていない状態です。
  被虐待、自主的選択の機会を奪われる、無条件に受容された経験が少ないなどにより、おそらくザアカイは、苛烈な競争、身分差別、身体的な特徴を揶揄されるなどされて心に傷をもっていたのではないかと思うのです。「こんな自分は、神と人から愛されるような存在ではないんだ」  という、傷ついた心です。
 イエスという青年は、このザアカイの傷ついた魂を、敏感に感じとり、声をかけられたに違いありません。神さまは、愛を求めて傷ついた魂を救い、共にとどまられる方だということを、この出来事は指し示しています。だから、この逸話からは、無限の神の愛がくみ取られてきたのです。

JUGEMテーマ:建学の精神

2018.7月 聖句によせて 「主よ。・・・わたしたちにも祈りを教えてください。」

  • 2018.07.05 Thursday
  • 17:01

JUGEMテーマ:建学の精神

◆聖句によせて
「主よ。・・・わたしたちにも祈りを教えてください。」

                        ルカによる福音書11章1節
  What a wonderful world!から

 

I hear baby's crying and I watched them grow
赤ん坊たちが元気に泣いている 彼らが成長するのを見守るんだ

 

They'll learn much more than I'll ever know 
彼らは 私よりもずっと多くのことを学ぶだろう

 

And I think to myself
そして 心の中で思うんだよ

 

What a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって

 

Yes, I think to myself what a wonderful world. 
そう 心の中で思うんだよ

 

What a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって


「苦しい時の神だのみ」といいますが、神さまへの祈りは、苦しい時だけにではなく、嬉しい時にも、楽しい時にも祈るでしょう。


   What a wonderful world!と「自分自身の心の中で思うんだよ」と、歌っているけれど、

 

この歌は、「輝きに満ちた祝福された日」とか、「暗くて神聖な夜」とか、

 この世界が神さまによって、とてつもない不思議さと、驚くべき素晴らしさで充溢している事への素直な感動・賛美になっていると思います。

 

 こどもたちは、ものすごい力でこの世界を吸収しています。


 私たち大人は、こどもたちが吸収する最も近接した「環境」に他なりません。


 こどもたちが、神さまが与えてくださった「素晴らしき世界」を吸収して、「分別」ある大人へと成熟することを、わたしたちは「見守る」ことを喜びとしています。

 

 まさにこれこそ、わたしたちの子どもたちへの、神さまに祈る祈りそのものでではないでしょうか。


すべてのものを吸収する幼児期こそ、おとなたちは、可能なかぎり「よき環境」を子どもたちのために整えるべきではないでしょうか。


 わたしたち自身が、よき環境として成熟してゆくことも、祈りとして日々捧げようではありませんか。 

◆6月聖句によせて「空の鳥をよく見なさい。・・・あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。」マタイによる福音書6章26節

  • 2018.06.04 Monday
  • 01:44

◆6月聖句によせて

 「空の鳥をよく見なさい。・・・あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。」

                                  マタイによる福音書6章26節

 すべての存在は神によって創造された。

 

 信仰の言説と科学的言説は区別されます。

 

 科学は、現に存在している現実を事実として表記するだけです。

 

 信仰の言説は、それはどこまでも「信仰告白」です。

 この信仰告白を、わたしたちは意識するにせよ、無意識にせよ、この確信に基づいているとしか思えないほどに、この世界を、感謝、驚嘆、讃美、感動する感性をもって受けとめているではありませんか。

 

 「なんと素晴らしい世界だろう!」

 Louis Armstrong – What a wonderful world

 

 I see trees of green,red roses too.

 I see them bloom,for me and you.

 And I think to myself,what a wonderful world.

 

 I see skies of blue,And clouds of white.

 The bright blessed day,The dark sacred night.

 And I think to myself,What a wonderful world.

 

 The colors of the rainbow,So pretty in the sky.

 

 Are also on the faces,Of people going by,

 I see friends shaking hands.

 Saying, “How do you do?”

 They’re really saying,“I love you”.

 I hear babies cry,I watch them grow,They’ll learn much more,Than I’ll ever know.

 And I think to myself,What a wonderful world.

 

 Yes, I think to myself,What a wonderful world.Oh yeah.

 

 私には緑の木々が見える、赤いバラの花々も私と君のために咲いているんだ。

 そしてひとり思うんだ、なんて素晴らしい世界だと。

 私には青い空が見える、白い雲も輝き祝福された日、暗い神聖な夜。

 そしてひとり思うんだ、 なんて素晴らしい世界だと。

 虹の色彩、空にあって何と可愛らしい。

 行き交う人々のその顔にもあって、私には友人たちが握手しているのが見える、「ごきげんいかが?」って言ってるよ

 彼らは本当は言ってるんだ。「愛しています」って。

 私は赤ちゃんたちの泣き声が聞こえる、彼らの成長を見守ろう。

 

 彼らはより多くを学ぶだろう、私が知るだろうことよりも。

 

 そしてひとり思うんだ、 なんて素晴らしい世界だと。

 そうさ、ひとり思うんだ、なんて素晴らしい世界だと。

JUGEMテーマ:建学の精神

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM