2018年11月 聖句によせて  「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。」

  • 2018.10.28 Sunday
  • 21:34

    「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。」
                            ヨハネによる福音書15章1節   

イエス・キリストがご自身を語る独特な比喩です。「わたしは〜である」と言いきっておられます。もちろん比喩であることは一目瞭然です。
「ぶどうの木」という比喩を聴いたときに、わたしたちが想像力が全開して、さまざまなイメージの世界へと導かれます。

 

 このイエスさまの自己開示を、わたしたち自身が、どのように受けとめ、それを自分自身の人格を形成し、陶冶し、支える「神の言」としてゆけるのか。

 言い換えると、信仰の言として、この言葉を魂から受けとめることができるかどうかで、この言葉を生きてゆく霊の糧とできるか、素通りするかがほぼ決まります。


 イエスは、「人はパンのみにて生くるにあらず。神の口から出るひとつひとつの言葉によって生きる。」と語られました。

 

 苦難の最中で、呻吟しながらも、神の言葉にすがり、支えられて、再び生きる力を取り戻してゆくという体験は誰にでもあるでしょう。たとえ、その支える言葉が、実は神の口から出ているという事実を知らない場合であってもです

 


 イエスは父なる神とご自身との関係を父子として自覚されていました。

 

 イエスの地上での父ヨセフは大工でしたから、「わたしの父は農夫」と言われているのは「父なる神」を指していると考えられるからです。


 「わたしはまことのぶどうの木、あなたがたはその枝である。」

 

 イエスは神とご自身との関係を父子として、かつわたしたち人間とご自身との関係を、「ぶどうの木」と「その枝」と言われました。
 この比喩により、わたしたちと神さまとの関係もまた、「父子」であることを宣言されていることになります。

 

 主イエスの存在につながっている「枝」であるわたしたちは人間は、主イエスの肢体の一部だというのです。

 すなわち、主イエスは、わたしたち人間と神さまとの関係は、主イエスの枝であるがゆえに、「父子」なのだというのです。わたしたちは創造主なる神を、「父よ」と呼びうる存在なのだとイエスは宣言してくださったのです。

 
 なんという恵みでしょうか。わたしたちは、神さまから、「子よ」と呼ばれるものとされているというのです。

 

 子どもたちひとりは、主イエスの「枝」であるのですから「神の子」なのです。

 尊い存在なのです。そのような視点で、こどもたちをみつめることが教育の原点であるべきでしょう。

 

 子どもたちはひとしく尊い神の子なのです。       

JUGEMテーマ:建学の精神

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM