2018年3月 三月の聖句によせて 「せんかたつくれども、希望(のぞみ)を失わず」(コリント後書4章8節(文語訳)

  • 2018.02.26 Monday
  • 16:56
  「せんかたつくれども、希望(のぞみ)を失わず」
                (コリント後書4章8節(文語訳)

 このパウロの言葉は、わたしの祖父清水安三が終生愛した言葉です。
 意味を知るために、わかりやすい現代の言葉、新共同訳と口語訳で紹介します。
   新共同訳と口語訳
コリントの信徒への手紙二 4章 8節〜9節 (新共同訳)
わたしたちは、四方から苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、
虐げられても見捨てられず、打ち倒されても滅ぼされない。
コリントの信徒への手紙二 4章 8節〜9節 (口語訳)
 わたしたちは、四方から患難を受けても窮しない。途方にくれても行き詰まらない。
 迫害に会っても見捨てられない。倒されても滅びない。
 引用終わり

   この言葉「せんかたつくれども、希望(のぞみ)を失わず」が、全人格の真ん中に刻み込まれているとしたならば、どれほど、力強く生きることができるでしょうか。


 教育の目標に、「生きる力」を、国も掲げるようになりました。


 どんな苦境に陥っても、行き詰まらない。窮しない。

 なすべき事をすべてなして、もう万策つきても、決して希望を棄てない。

 虐げられても、迫害されても、殴られても、投げとばされても、決して滅ぼされない。

 

 そんな、ものすごくしぶとい、生きる力が充満して、尽きることのない生命力を、自分自身の奥深くにもっている。そういう人間に育てたい。


 これは教育者の究極の祈りです。

 

 こども自身の人格の最深部に、こういう確信が核心に存在している人間を育てるには、どうすればよいのか。


 それは、神さま(イエス・キリスト)が、わたしの人格の最深部に、核心に、共にいてくださるという確固たる信念・信仰によって培われると。わたしたちは考えます。


 それから、人格は、その人単独の存在をさしているのではなく、人格は隣人とのかかわりのなかでこそはじめて人格たりえる。

 

「虐げられても見捨てられず、迫害に会っても見捨てられない。」

 

 どんな苦境に陥っても、神と人から見捨てられることはないという確信は、他者・隣人・神との関係への確たる信頼によって築かれています。

 絶対他者からの見守りの確信。これほど強い生命力はほかにありません。

 

 

JUGEMテーマ:建学の精神

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM