◆6月聖句によせて 「見よ、それは極めて良かった。」      創世記1章31節

  • 2016.06.01 Wednesday
  • 17:21
◆6月聖句によせて   「見よ、それは極めて良かった。」      創世記1章31節
 最近、菅直人第94代内閣総理大臣の講演を聴くことができた。
「多くの人々が、あの福島第1原発事故の時に、一生懸命頑張ってくれた。それは実に感謝なのだが、皆が頑張ってくれたから、最悪の事態を免れたとは、残念だが言えない。あのとき、最悪の事態を学者にシミュレーションさせた。結果は福島第1原発250匏内には、もう人は住めなくなる、五千万人のすべての人が避難しなければならない事態になるというのだった。その最悪の事態を免れることができたのは、まことに、幸いな偶然が、いくつもいくつも重なったからであった。実に神の御加護としか言えない偶然が重なったからでした。」

 菅直人さんが、自分もまた、あの事故が起きるまでは、「原子力ムラの人々」が語る「安全神話」を信じ切っていて、世界中に「安全な日本の技術力」を売り物に原子力発電所輸出のためのトップセールスをしていたと、ご自身の罪を認め、しみじみと「」脱原発」しか日本、世界の未来はないと語られました。

 わが国が最悪の事態を免れることができた、そのいくつもの偶然(神の御加護)のひとつは、菅直人さんが首相だったからだなと、わたしは思いました。菅直人さんは東京工業大学で物理を学んだ科学者であり、かつ法律の専門家である弁理士なのです。原子力発電所の仕組みを知っていた希有な政治家なのでした。

 この夏に、菅さんや枝野さんをはじめ、すべて実名であの3・11後の5日間に起こった出来事を再現する映画『太陽の蓋』が公開されます。ぜひ観たいと思います。

 わたしは、菅さんが「いくつもの偶然」と呼んでいた不幸中の幸いとも言うべき「偶然」を「神の御加護があった」と表現せざるを得なかったこの事実を、重く受けとめたいと思います。2度と、あのような事故を起こさせてはなりません。あの事故は、未曾有の天災であったけれども、被害を甚大にしたのは、「原爆が落ちても大丈夫」と言っていた原発が、全電源喪失というあっけない事態だけで、メルトダウンしたという意味で、あきらかに人災でした。

 創造主なる神さまは、全人類に、良き存在として、この世界・全宇宙を創造し給うたと聖書は宣言しています。そしてこの世界を、人類にむかって、管理すべく委任されました。しかし、原子力を手にした人類は、これまで世界に自然状態では存在しないはずの恐るべき放射能というものを造りだして、世界を大きく改造し出しました。

 ところで、奇しくもヨハネの黙示録には、「ニガヨモギ」の予言が記されています。
ヨハネの黙示録8章10節〜11節
第三の天使がラッパを吹いた。すると、松明のように燃えている大きな星が、天から落ちて来て、川という川の三分の一と、その水源の上に落ちた。 この星の名は「苦よもぎ」といい、水の三分の一が苦よもぎのように苦くなって、そのために多くの人が死んだ。

 ニガヨモギはチェルノブイリ(ウクライナ語ではチョルノブイリ)周辺に自生するヨモギで、地名の由来となったオウショウヨモギ(チェルノブイリ)の近種です。チェルノブイリ周辺は今でも人が住むことを禁じられています。

 神さまが創造された世界を、正しく管理する使命を委任された人類は、管理どころか自然界には存在しない恐ろしい物質で、世界を汚染し続けています。

 「神の御加護」によって、一命をとりとめた私たちは、本来の使命を果たすべきではないでしょうか。子孫のために、豊かで安全な世界を取り戻し、環境を整える役目を、おとなたちは担っているのではないでしょうか。

 神さまが、ごらんになって、「それはきわめて良かった」と言われる世界を、再び取り戻す責任が、わたしたちにはあるのではないでしょうか。

































 
JUGEMテーマ:建学の精神
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM