スポンサーサイト

  • 2019.03.19 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    4月聖句 安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」  マタイによる福音書14章27節  

    • 2016.04.17 Sunday
    • 22:55
     2016年主題聖句
      「キリストはわたしたちの平和であります。」
                                 エフェソの信徒への手紙2章14節

    4月主題聖句 「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」
                                  マタイによる福音書14章27節  

      こどもたちにとって、安心できる環境を整えることは、おとなであるわたしたちの大切なつとめです。いのちを大切にする人に育ってほしいと真剣に祈るのならば、わたしたちは人を傷つけない社会を整えねばなりません。

     山口大学と岡山大学の研究グループは、約1万年に及ぶ縄文時代の人骨を全国から収集し、暴力による死亡率を数量的に算出したところ、傷を受けた痕跡があるものはわずかで、暴力による死亡率は約1.8%だったそうです。

     この結果は縄文人は戦争をせずに生きていたという証拠であり、「戦争は人間の本能である」という主張に再考を迫るものでした。戦争は、本能に由来するものではないというのです。しかし、やがて時代がくだり、冨の支配・独占がはじまると、環境は激変して、争いが始まります。

     元来、人には、争いを好む本能がある訳ではないが、環境の変化によって、争いが生じてしまう。そうだとしたら、環境の変化に適応して、争いをせずに互いを尊重しながら、共に生きる道を探るべきだし、探るほかはないでしょう。現代は、難民が世界的に溢れ、グローバリゼーションによって、格差が世界大に拡散している時代です。一握りの人に冨が集中して、多くの貧困層が多数者となってきています。

     為政者は、再び戦争の準備を始めました。これからの時代に、平和を実現する人を育てること。
     これがホザナ幼稚園の教育目標です。

     幼児期は、最終的に平和な関係性を実現するための訓練をする大切な時代です。大きな安心の見守りのなかでこそ、こどもたちは、お互いに生起するさまざまな葛藤や緊張を経験してゆくことで、平和を実現するセンスやスキルを身につけることができるようになります。

     この大きな安心の見守りこそ、キリスト教的な愛の精神です。

     教師・保護者が大いなる超越者(神さま)に信頼して、祈りをつくし、精神をつくし、力をつくして、平和を実現する人へ成長できるように、協力しあいましょう。
     
    JUGEMテーマ:建学の精神

    スポンサーサイト

    • 2019.03.19 Tuesday
    • 22:55
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • キリスト教主義教育における神の像の提示について
        エムト (10/10)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM