12月の聖句によせて 「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心にかなう人にあれ」 ルカによる福音書2章14節

  • 2015.11.30 Monday
  • 13:02
◆聖句によせて <クリスマス・メッセージ>
「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心にかなう人にあれ」
                                    ルカによる福音書2章14節
   この言葉は、願い、求めていることばです。ひとの言葉ではなく、神の言葉です。
人が、自分の願いを求めているのではなく、神さまは願い求めておられるのです。
このことは、とても重要なことです。人の願いは利他的であるよりも利己的で、狭量で、自分勝手なことが多いのではないでしょうか。「苦しい時の神頼み」とか、自分の都合次第で神さまを呼び出したり、引っ込めたりして、神さまを自分の願いを聞いてくれる「しもべ」のように扱ったりしているのが罪深いわたしたちの姿ではないでしょうか。そういうご都合主義の「神頼み」の役者のように扱うところに、わたしたちの「罪」があります。神さまを神さまとして信じようとしていないからです。神さまは全宇宙の創造者であられるお方なのに、わたしたちは、自分の都合で、都合のよい「神」(偶像)を創造しているのです。神さまは、そのような「木偶(でく)」ではありません。
この「神の言葉」は、創造者なる神がわたしたちにむけて語ってくださった祝福です。人の邪悪さに満ちた「願望」の言葉ではなく、神さまが創造者として、創られた世界に向けて、神さまと世界の関係が、そして世界が、どのようであってほしいかを明確に、「神には栄光」「地には平和」であると示してくださった恵みの言葉です。
神さまは、どこまでも、真実に神さまでありたもう。どこまでも真実に神さまであられる方に、すべての栄光が帰せられるということが、地の(つまり被造者の)地である存在の本来的な、唯一のあり方なのだということを、ご自身が宣言したのです。それゆえ、人の誉れも、自然の美も、人や自然にではなく、すべては創造者なる神さまにのみ栄光が帰せられるべき存在だというのです。
地は、どこまでも、地であり、神になりかわる存在ではなく、神の創造物として、「神の偉大な力」を反映した「もの」である。それゆえに、そこには神の意志、神の力、神の「願い求め」が反射、反映しているのであるから、そのようなものとして、地を、本来あるべき姿の地として、あらしめるようにと神は、神ご自身の「願い求め」を宣言されたのです。
この宣言を、実現する神の似姿として、地上に「受肉」したもうた「独り子なる神」こそが、主イエス・キリストです。
主イエスが、地上の人の魂に受肉し、世界が神の国(神の支配)となること、これが平和の実現です。ひとりひとりに主イエスが来られるように。
JUGEMテーマ:建学の精神
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM