スポンサーサイト

  • 2019.03.19 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ★8月の聖句によせて 「あなたがたも愛によって歩みなさい。」 エフェソの信徒への手紙5章2節

    • 2014.09.03 Wednesday
    • 11:39
    ★8月の聖句によせて   「あなたがたも愛によって歩みなさい。」  エフェソの信徒への手紙5章2節
     「愛によって歩む」ということは、「愛」が、自分自身の内部から湧出するということであるよりは、「愛」は、「私」自身の外側にあって、絶えず「私」を「愛」で満たし続けてくれる「力」であるというべきではないでしょうか。


     「私」とはやっかいなもので、いつも利己的な欲望にまみれていて、とてもとても「愛」に溢れているというような存在ではありません。だから、「愛によって歩みなさい」と言われてみても、自分自身には「愛」がないことを痛感している・・・・、という具合ではないでしょうか。

      わたしたちは、むしろ愛されていることを知ってはじめて、愛する喜びへと押し出されるのではないでしょうか。

     神は愛です。神が愛なのです。

     わたしたちは、神さまによって愛されています。この事実を知ることによって、わたしたちは神さまから既に愛されている存在なのだという現実に気付く事ができます。

       愛されていると、その存在は美しくなります。輝くようになります。


     わたしたち自身が、神さまからこよなく愛されている現実のなかで、生命を息吹を輝かせるなら、わたしたちは愛さずにはいられない者へと変えられていることしょう。


     はじめての孫と会うとき、いつしかその孫を産んだ娘を育てていた自分に戻っている自分を見いだします。孫への愛は娘への愛と重なってきます。さらに、その眼差しは母が「私」を育ててくれた愛の眼差しだということも。


       そしてそれはさらに、祖父母からの愛の繋がりだということも感じられてきます。


     この愛の眼差し、見守りは、愛そのものであられる神さまから起源して、「私」へと注がれ、そして我が子、孫へと繋がってゆく・・・・・。


       この愛の連鎖のなかに、「私」もいるのですね。


     いま、このとき、神さまの愛を運ぶ者として、こどもたちを見つめましょう。


     そうすれば、「愛」は、かならずこどもたちの魂の深部を形成し、「愛」の人格者を形作ることとなるでしょう。

    スポンサーサイト

    • 2019.03.19 Tuesday
    • 11:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • キリスト教主義教育における神の像の提示について
        エムト (10/10)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM