スポンサーサイト

  • 2019.03.19 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    5月の聖句によせて

    • 2014.04.24 Thursday
    • 19:08
    JUGEMテーマ:建学の精神

    「主は倒れようとする人をひとりひとり支え、うずくまっている人を起こしてくださいます。」 詩編145編14節

      「勉強しなさい」と言われた子どもは、まず勉強が嫌いになるのではないでしょうか。

    子どもは本当に学びたがっているのです。学びたいこころを、「勉強しなさい」という干渉が折ってしまう。何故なのでしょうか。

      文部科学省が2013年春に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力調査)の結果、「子供に『勉強しなさい』とよく言っている家庭ほど、子どもの学力は低くなる傾向が見られた」と発表されています。
     天才児と言われる子どもは、好きなことに熱中しだすと、数時間でも練習に没頭します。飽きるということがないのです。

     おそらく天才児は楽しくて仕方ないのです。「勉強」は「強いて勉める」と書きます。
     まさに字の如くで、「強いる」のですから、そこには、どこかに無理があるということでしょう。そこには我慢が伴うことになります。でも、我慢はやはり限界がありますし、効果もどうでしょうか。

     ハックルベリ−・フィンのお話を思い出します。

     彼は嫌な塀のペンキ塗りを楽しそうにやってみせて、友だちに仕事をまんまとやらせてしまいます。
     お話は彼の機転の良さを描いてみせますが、実はペンキ塗りが本当は面白い仕事だという経験を、彼はし損なっていると、わたしは思うのです。
     精巧な職人仕事は、何十年も訓練を重ねて磨き上げられます。職人さんは何時間でも細かい作業を丁寧に繰り返します。作り上げる作業を楽しむ心がなければ続くはずはありません。

     「お仕事」を通して、子どもたちは作業する楽しみを味わいます。夢中になって「お仕事」に没頭することによって、子どもたちは刻々と成長してゆきます。

     神の言葉は、子どもの魂に刻印され、強靱なレジリエンス(「逆境力」「復元力」「回復力」とか訳されている)を形成します。

      「神は人を支え起こしてくださる」。この神の言葉は、折れない心を育み、支える力の源になるでしょう。

     

    スポンサーサイト

    • 2019.03.19 Tuesday
    • 19:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • キリスト教主義教育における神の像の提示について
        エムト (10/10)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM