◆9月の聖句によせて 自分を愛するように隣人を愛しなさい。 レビ記19章18節

  • 2013.08.27 Tuesday
  • 09:14
 隣人を愛するということ、その「仕方」について、主イエスは、「自分を愛するように」という「HOW」をお示しになられました。  それでは、わたくしどもは、自分を愛するということを、わかっていない人々が、案外多くいるのではないでしょうか。「自分のこと大嫌い」という子どもや大人がいるからです。  これはいわゆる「自己嫌悪」という事柄とは違います。  「自己嫌悪」とは自己を嫌悪する「自己」が存在するという意味では、嫌悪するほうの「自己」が「嫌悪」されるべき「自己」を「嫌悪」すべき自己として冷静に評価している訳ですから、この場合、「嫌悪」する主体的自己は、「高み」を目指していると言えるでしょう。つまり向上心があるからこそ、自分のなかの罪を嫌悪するのでしょう。  それに対して、「自分なんて大嫌い」と叫ばずにおれない子どもや大人は、自尊感情(セルフ・エスティーム)が毀損されているのです。「セルフ・エスティーム」(自尊心 self-esteemとは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度。"ありのままの自分を尊重し受け入れる"こと。)が育っていないのです。  人は、自分自身のことでさえ、「愛する」ことが難しい。  実際、自分を愛するということは、いわゆる「エゴイズム」とか「エゴセントリシズム」という事とは訳が違います。「わたしは愛されている」という感覚的直感を有する人には、神様が愛したもう「自分」が確実に形成されています。  他者から無条件の愛を溢れんばかりに受けている人は、神様が愛する「自己」を愛する「術」(すべ)を知っています。  愛されるという経験をふんだんに享受した魂は、神様に応答する「心」が創られています。そして、愛された経験を臨界点以上にもつものは、他者への「愛し方」を自ずから知っていることでしょう。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM