2018年10月聖句によせて 「わたしは植え、アポロは注いだ。しかし、成長させてくださったのは神です。」    

  • 2018.10.01 Monday
  • 22:34

◆聖句によせて 「わたしは植え、アポロは注いだ。しかし、成長させてくださったのは神です。」    

                                                 コリントの信徒への手紙毅馨錬鏡
 わたしたちは、数え切れないほどに多くの人々の「おかげ」をこうむって生きています。どんなにあがいても、自分が生まれてくる場所や環境を自分が選んで生まれてくるという選択肢をもって生まれてくることはできません。わたしたちは、それを運命とか宿命とかの言葉で表現せずに、神さまの意思によって生まれて来たととらえます。何かの法則とか、定めとかではなくて、創造者なる神さまの明確な意思、決断が、ひとりひとりに注がれているし、いま、この瞬間も神さまの見守りのなかで生きている、そう世界をとらえています。

 

 今日、誰と出会い、どんな会話をして、どんな気持ちになるか。それもこれも神さまの見守りのうちに、私たちは、神さまの願いを浴びながら生きている。


 出会いさせていただく人々、大人たち、お友だち、お店の人、幼稚園の先生・・・。こどもたちの出合う環境世界は、神さまのはかりしれないご計画、御意志によって、わたしたち(こどもたち)に備えられた恵みの世界です。


 この素晴らしい出会いによって、わたしたち(こどもたち)は、着実に、ひとりひとり、それぞれに「成熟」「成長」が心身に生起しています。この毎日の微妙な変化に、静まって目を凝らし、耳をすませて、思いめぐらしましょう。この日々変えられている「成長」の徴を喜びましょう。この喜びを喜び、神さまへの賛美としましょう。


 使徒パウロは、神の愛の福音を全世界の人々に伝えましたが、実際には出合った一人一人に伝えたのです。伝えられた人がまた他の人に伝えて、世界に神の愛の福音は伝わって、人類の生きる支えとなっています。しかし彼は、「わたしは植えた」と言い、そして「アポロは注いだ」と加えたのです。彼は、愛の福音が伝わってゆく力の根源は、決して自分の能力によるものとはしなかったのです。

 

  出会う環境世界のすべては、神さまが備えてくださっている。

 

 多くの人びとが、わたしたち(こどもたち)の「成長」を促してくれている。

 

 この環境世界(神さまに用意された世界)への揺るぎない信頼感が、人格を豊かに「成長」させてくれると考えたのです。

 

 さらに肝心な事は、わたしたち(こどもたち)自身が、実はどのような苛酷な環境に出会っても、それを自分自身を高み・深み・広がりの世界へと導くものとして昇華させる力(生きる力)を、神より賜っているのだという「自己」を信じることでもありました(自己肯定感)。

 


 自己をとりまく環境世界への信頼、自己自身への深い信頼、自己肯定感に充満した人格形成こそ、私たちの目標です。信頼こそが信仰なのです。

 

 

JUGEMテーマ:建学の精神

2018年9月 聖句によせて 「ザアカイは急いでおりてきて、喜んでイエスを迎えた。」

  • 2018.10.01 Monday
  • 22:29

 ◆聖句によせて   
  「ザアカイは急いでおりてきて、喜んでイエスを迎えた。」
                    ルカによる福音書19章6節
  背が低かったザアカイが、イエスという青年を一目見たいと、木に登って、イエスを盗み見ていたところ、青年イエスは気がつき、見上げてザアカイをご覧になり、今日は、あなたのところに泊まりたいとおっしゃった。
 ザアカイは喜んで、イエスを家に案内してもてなした。
 そういうイエスとの邂逅の出来事ですが、このなんの変哲もないような出会いの出来事から、無限の神の愛を感じとり、多くのキリスト者は神と人を愛するエネルギーをくみ上げてきました。
 ザアカイは、社会的に疎外された立場の人であったと想像されています。
 裕福とまではいかなかったとしても客人を宿泊させるに足る部屋とか食事の用意とかが可能な社会層ではあったようですが、人間関係においては、彼に道を譲ったりする同情をかけてもらえるような人物でもなかったようです。人知れずにイエスを樹上から見るほかないという事情は、彼が置かれていた状況を想像させます。
 そのような彼の自己感情は、自己肯定感が低い多くの人々の自己感情とつながってきます。それは、「自分のようなものは神さまの愛に値しない存在なのだ」という自尊心が傷つけられたこころの状態です。自分が尊い存在なのだという、自己肯定感を充分にもつことができていない状態です。
  被虐待、自主的選択の機会を奪われる、無条件に受容された経験が少ないなどにより、おそらくザアカイは、苛烈な競争、身分差別、身体的な特徴を揶揄されるなどされて心に傷をもっていたのではないかと思うのです。「こんな自分は、神と人から愛されるような存在ではないんだ」  という、傷ついた心です。
 イエスという青年は、このザアカイの傷ついた魂を、敏感に感じとり、声をかけられたに違いありません。神さまは、愛を求めて傷ついた魂を救い、共にとどまられる方だということを、この出来事は指し示しています。だから、この逸話からは、無限の神の愛がくみ取られてきたのです。

JUGEMテーマ:建学の精神

2018.7月 聖句によせて 「主よ。・・・わたしたちにも祈りを教えてください。」

  • 2018.07.05 Thursday
  • 17:01

JUGEMテーマ:建学の精神

◆聖句によせて
「主よ。・・・わたしたちにも祈りを教えてください。」

                        ルカによる福音書11章1節
  What a wonderful world!から

 

I hear baby's crying and I watched them grow
赤ん坊たちが元気に泣いている 彼らが成長するのを見守るんだ

 

They'll learn much more than I'll ever know 
彼らは 私よりもずっと多くのことを学ぶだろう

 

And I think to myself
そして 心の中で思うんだよ

 

What a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって

 

Yes, I think to myself what a wonderful world. 
そう 心の中で思うんだよ

 

What a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって


「苦しい時の神だのみ」といいますが、神さまへの祈りは、苦しい時だけにではなく、嬉しい時にも、楽しい時にも祈るでしょう。


   What a wonderful world!と「自分自身の心の中で思うんだよ」と、歌っているけれど、

 

この歌は、「輝きに満ちた祝福された日」とか、「暗くて神聖な夜」とか、

 この世界が神さまによって、とてつもない不思議さと、驚くべき素晴らしさで充溢している事への素直な感動・賛美になっていると思います。

 

 こどもたちは、ものすごい力でこの世界を吸収しています。


 私たち大人は、こどもたちが吸収する最も近接した「環境」に他なりません。


 こどもたちが、神さまが与えてくださった「素晴らしき世界」を吸収して、「分別」ある大人へと成熟することを、わたしたちは「見守る」ことを喜びとしています。

 

 まさにこれこそ、わたしたちの子どもたちへの、神さまに祈る祈りそのものでではないでしょうか。


すべてのものを吸収する幼児期こそ、おとなたちは、可能なかぎり「よき環境」を子どもたちのために整えるべきではないでしょうか。


 わたしたち自身が、よき環境として成熟してゆくことも、祈りとして日々捧げようではありませんか。 

2018年2月 聖句によせて

  • 2018.01.30 Tuesday
  • 12:08

 人格の成熟ということが、人にはあります。

 

人は単に学習する動物ではなく、悔い改め、やり直し、工夫し、学び、熟考し、踏みだし、前進してゆきます。

 

 この成熟の過程が人生です。

 

 この成熟には、独力でできることだけでなく、どうしても「隣人との交わり」というものが、触媒のように必要です。

 

 成熟は、発酵です。

 

 人格は、よき酵母によって、適切な「環境との交わり」によって熟成するのです。

 

 幼児にとって、大人は成熟した人格者として登場してこそ、適切な人格的な交わり、環境との交わりと言えるでしょう。

 

 わたしたち大人は、教育者として、また養育者として、幼児の周囲に、適切な触媒となるのです。

 

 だから、わたしたちは、「吸収する心」をもつ幼児には、適切な「言語」をもって対峙するという役割を担っています。

 

 この邪悪な世界には、残念ながら、幼児の人格成長にとって、不適切な「言葉」が氾濫している現実があります。

 

 いやおうなしに、こともだちは、不適切な言葉も適切な言葉と共に吸収してしまいます。

 

 それゆえ、幼児には、吸収した言葉を判断し、言葉を自在に、適切に駆使する聡明な良心が育っていなければなりません。

 

 それゆえ、教育の根幹には、「聡明な良心」を養うという重大な目的との往還が必要なのです。

 

 ところで、「聡明な良心」は、生まれながらに人間に備わっている訳ではありません。

 アヴァロンの野生児の事例によってよく知られているように、人間は、その適切な人生の時期、すなわち幼児期に、適切な言語環境(人との交わり)なしには、高度な人格的な内言(こころのなかの言葉)・外言(外に発する言葉)を修得することができません。

 

 もちろん、人間は、神によって創造された「神の似姿」(イマーゴ・デイ)として、被造者のなかで最も秀でた存在として、神の栄光を輝かせる存在ですから、潜勢力として、成長し、成熟し、完成すべき存在として生まれてきます。

 

 しかし、この潜勢力(ポテンシャル)は、適切な環境との刺激の交流によって発現するのです。

 

 神は、この適切な関係性を、「愛」だということを示されました。

 

 愛は、神の存在から発出して、私たちにたえず注がれています。

 

 神は愛なのです。神は愛の発出源であり、愛そのものとして、わたしたち大人を通して子どもたちに、適切な交わりを与え、「聡明な良心」を人格の中心に形成してゆくのです。

 

 

JUGEMテーマ:建学の精神

2017年10月聖句によせて  「アブラムは、主の言葉にしたがって旅立った。」  創世記12章4節

  • 2017.10.02 Monday
  • 00:40

◆聖句によせて  「アブラムは、主の言葉にしたがって旅立った。」  創世記12章4節

 

 初代文部大臣森有礼の孫に森有正という人がいました。

 

お父さまは森明といい、キリスト教の牧師でした。

 

有正氏は生後間もなく幼児洗礼を受け、6歳の頃からフランス語やラテン語を学び、終生フランス語で思索することができた希有な方でした。

 

 

 東京大学の職を辞しフランスに永く暮らされ、ヨーロッパの基督教の息吹をパリから美しくも鮮烈な文章で送り続け、多くの人を魅了しました。

 

 

 パイプオルガンの名手でもあり、哲学的思索と音楽に生きるということの美しさを体現されたような人として、わたしは今も強く憧れています。

 

 

 同氏が国際基督教大学で、講演されたアブラハム物語についての省察は、青年時代のわたくしに強烈な啓示的な感動を与えました。

 

 アブラハムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を創始したといっても言い過ぎでない世界宗教の源流に位置する人物です。

 

 イスラエルという名を神によって与えられたヤコブは、アブラハムの孫にあたります。

 

 創世記は、アブラハム、イサク、ヤコブの物語で大半をしめています。

 

 「信仰の祖」と言われるこの人を神は、召し出されました。いわゆる「召命」の出来事です。

 

 神さまによって、呼び出された出来事を、「召命」と呼んでいるのです。

 

 英語では、コーリングと言います。まさに神さまが呼んだ出来事だからです。

 

 英語でもドイツ語(「ベルーフ」)でも天職を意味する言葉は、「神さまが呼び出された」という意味から言葉が形成されています。生業に生きることは神の呼び出しだというのです。

 

 アブラハムは、神の声を聴いて、行き先を知らずして旅立ちました。

 

 およそ旅立つという行為は、行き先をめざして出発するものですが、アブラハムは、行き先を知りませんでした。

 

 神はただ「私が示す地へ行きなさい」とだけ命じられたのでした。

 

 森有正氏のフランス行きも、神の声を聴いたからかもしれません。

 

 同氏は、この「行き先を知らず」に旅だったアブラハムの姿に、信仰というもの事柄の原点を見ていたと思います。

 

 わたしたちの人生も、実は旅先を知らない旅そのものではないでしょうか。

 

 わたしたちは、常に、この旅の途上にあるのではないでしょうか。

 

 「一瞬先は闇」のような世界だけれども、わたしたちは、安心して旅を続けています。

 

 どうして安心していられるのか。患難辛苦も時には襲来する。安穏平和な日々もある。

 

 辛いときも、悲しい時も、喜びの時も、わたしたちの旅を根底から支えて、その都度、行くべき道を示してくださる方がいることを感じます。

 

 人生は苦しみさえもひっくるめて、神さまに導かれている。

 

 こうした安心立命の旅を、アブラハムは一番最初に人類に示してくれました。

 

 森有正氏もその旅に生き、そして逝った、わたしはそう思っています。

 

 

JUGEMテーマ:建学の精神

5月の聖句 「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。」         コリントの信徒への手紙 4章16節

  • 2017.04.27 Thursday
  • 17:24

 目には見えない事物。事物は「モノ」とは限りません。

 

「事」(こと)でもありますから。

 

「こと」とは、さしあたって「事柄」と考えましょう。

 

 事柄となると、「モノ」のように、具体的・物体的なものではなく、「ストーリー」「ものがたり」のように、「起承転結」をもち、「状況」や、「キャスト」(登場人物)が出てきたりします。

 

 ある出来事が起こるとします。

 

 げんきがよく、好奇心旺盛で、面白がり、楽しい性格で、なんでもやってみたいという意欲もさかんなお友だちです。自分の気持ちをすぐに表情に表す素直なお友だちです。

 

 わたくしたちは「成熟したおとな」として、このようなお友だちが神さまからいただいている天性の賜物(ギフト)が正常に成長してゆくことを、心から願い、祈りつつ見守ることこそが教育だと考えています。

 

 このお友だちは、いろいろな事件(出来事)に遭遇します。事件と出来事は、ドイツ語では同じ言葉を使用することがあります。(Ereignis)

 

 ある日、このお友だちは、仲良しのお友だちに、面白いことをしてみます。

 

 面白いことは、こどもたちの世界では日常的に生起します。また生起しなければなりません。

 他者との適切な距離の取り方を学ぶ練習をしないままでは正常な成長をすることは望めないからです。

 友だち同士で、楽しい事を共有したり、共感しあったりする機会は、他者とのかかわりをもつなかで、お互いの内面のなかで、どういう「ストーリー」が生起しているかを読み解く経験が必要です。

 

 この内面的なストーリーを読み取れないと、「成熟したおとな」になることができません。

 

 この内面的な事件(出来事)は目には見えません。

 

 小さなお友だちの言葉を、この内面的な事件を洞察することなしに、文字通り「いうがまま」に受け取るとしたら、わたしたちは時にとんでもない過ちを犯すことになります。

 

 こどもたちの内面的な事件の相互的な交流自体もまた目には見えない出来事です。

 

 教育者は、ここで生起しているinvisible events (不可視の出来事)を見つめるべきです。

 

 もちろん保護者は第1の教育者です。

 

 

JUGEMテーマ:建学の精神

2017年主題聖句 「あなたがたは神に愛されている子どもです。」エフェソの信徒への手紙5章14節

  • 2017.04.07 Friday
  • 21:34

 春ですね。ホザナ幼稚園にも春がやってきました。

 幼稚園の園庭には、草や虫がいっぱいもどってきましたす。

 お友だちは、地面をじっと見つめて、小さな虫を眺めることが大好きでしょう。

砂場の砂も、いろいろな夢をつくってほしいとばかりに待っています。

 厳しい冬のあいだじゅう、食べものがなくて、鳥たちはお庭の花を食べてしまったりしていたけれども、春の温かさを感じてたくさんの草花や虫たちがあちこちから顔をのぞかせ、鳥たちも花を啄んだりせずとも、食べものがいっぱいとれます。

庭の石をどかせると、地面ではいろんな虫がごそごそと動きだしますし、うさぎも走り回りますよ。

 春は、いのちが、あたり一面に満ちてくる季節ですね。

 

 ヨハン・フリードリヒ・オーベルリーン(1740~1826) 牧師は、1770年に世界最初の保育園を創設しました。

 

 フリードリヒ・フレーベルが1837年世界初の「幼稚園」(キンダーガルテン)を創設するよりずいぶん以前のことでした。

 

 フレーベルも牧師の子で、養父も牧師でした。

 

 このように保育園も幼稚園も、こどもたちを、育てるということの必要を感じて、人類史のなかで、確固たる方針をもって開始した人々には、共通した動機があったのです。

 

 以下はフレーベルの解説(wiki)からの引用です。

 

「彼は、子供の本質を神的なものとして捉え、

(中略)園丁が植物の本性に従って、水や肥料をやり、日照や温度を配慮し、また剪定するように、教育者も子供の本質に追随的に、その無傷の展開を保護し、助成するように働きかけなければならないとされ、そこから彼のKindergarten―幼稚園(子供達の庭)という名称が生まれた。」

 

 「子どもの本質を神的なものとして捉える」ということは、「あなたがたは神に愛されている子どもです。」という聖句の核心です。

 

 だから、こどもを自己の延長や部分と捉えるのは誤りであり、

 

 独立した人格として尊重・敬愛することなしには、子育てはエゴにまみれたものに頽落してしまうでしょう。

 

 ホザナ幼稚園は、なによりも子どもを神に愛された存在として、尊重・敬意をもって教育する「こどものたちの庭」なのです。

 

 

JUGEMテーマ:建学の精神

3月の聖句によせて 「主はわたしの光、わたしの救い わたしはだれを恐れよう。」詩編27篇1節

  • 2017.02.28 Tuesday
  • 21:56

   劇団青年団を率いる平田オリザさんは、桜美林大学の演劇コースを立ち上げるときに、招聘されて尽力をされた方ですが、内閣参与、大阪大学、などでも、創造的な識見で貢献されています。『下り坂をそろそろと下る』のなかで、人の能力をどのように見るのか、育てるのか、貴重な提言をされています。
「PISA調査は、OECD(経済協力開発機構)が三年に一度行っている世界共通の学力試験です。ここでは以下のような能力が問われると言われます。
・習得した知識や技能を、実生活の様々な場面で直面する課題にどの程度活用できるか。
・図表・グラフ・地図などを含む文章(「非連続型テキスト」という)を読み込み、活用する能力。
・ただ回答をするのではなく、なぜそう考えたか、答えを出すための方法や筋道を説明する能力。
・情報の取り出し、解釈・理解、熟考・判断、そして、その結果としての自分の意見を、他者に向かって表現する能力。」
このPISA調査で、従来の日本の知識暗記型の一斉授業の方法では世界水準から大きく引き離されるという実態を重視し、ついに「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」を2020年から導入することになりました。
・思考力を重視し教科の枠組みを超えた問題を出題する
・各大学の個別試験は小論文や面接、集団討論などを取り入れて多面的に評価する、といった方針を打ち出しているといいます。
「潜在的な学習能力」すなわち、大学に入ってからどれだけ伸びるかを試験の段階で見ろという方針なのです。
平田さんは、先駆的に大阪大学リーディング大学院の選抜試験で、実際に行ってきた方法を紹介しています。詳細は省きますが、平田さんがこの方法で何を評価の対象として見たのか。
  「私たちが本当に見たいのは、たとえば、疲れていても他人にやさしくなれるか、自分と価値観の異なった意見にも耳を傾けることができるかといった寛容さや知的体力。またあるときは地道な作業にも献身的に参加し、あるときは局面打開のために創造性豊かな発言を行うといった柔軟性。様々な欲求、要望がぶつかる中で、どうにか折り合いをつけていく合意形成能力。もちろん、そのすべての能力を持っている必要もない。構成メンバーの得意・不得意を互いに把握し、役割分担をしていくこともリーダーの大事な素養だ。」
この文を読んで、わたしは心が躍りました。これこそ、モンテッソーリの子どもたちが、毎日、取り組んでいる事ではないか。幼児期の敏感期に、特徴的な「集中現象」を健全に経験してきたこどもたちは、小学生段階に入ると、協働的な学習が主になります。幼稚園では、おどろくほど静かな教室が小学校の教室では、活発に話しあい、調べ物をしたり、課題に取り組むので賑やかな教室になる。「協働的学習」の経験が深い所で人間の生きる力を養うのです。

JUGEMテーマ:建学の精神

2017年1月 聖句によせて

  • 2016.12.19 Monday
  • 21:46

「事実, ヘレン ・ ケラ ーは, すべての人々にあまねく知れわたった非凡な人間の驚くべき実例てす。 というのは, 生れつき視聴覚障害という閉じ込められた人間の精神を, 感覚教育によって解放することができるという実例だからてす。 ここに私の教育法の基礎となるものがあり, この本はその考えを簡潔にまとめたものてす。」   『わたしのハンドブック』序文より

 

 マリア・モンテッソーリは、その著書の冒頭で、ヘレン・ケラーに言及しています。彼女は、光を見ることはありませんし、音を聴くこともありません。しかし、驚くべきことに、彼女の語ることば、書く文章には高度に抽象的で、詩的で、かつ繊細な情感と高貴な道徳性に溢れています。

 

 わたくしは、この聖書のことば、「光の子として歩みなさい。」という言葉に触れるとき、光を経験することなしに、光を感じることができる人々を想像します。 視聴覚の感覚器官を経由せずに、他の感覚器官によって、それらの経験内容を感得することを、この人々はしています。これは奇跡以外の何でしょうか。

 

 モンテッソーリが、この奇跡を教育法の基礎として、感覚教育を構想しているとすれば、わたくしたち親、保育者らも、この閉じ込められた感覚器官の限界を超越してゆく、解放してゆく可能性を信じるべきではないでしょうか。

 

 いまだ見えぬものを観、いまだ聞こえぬもの聴く、光を感じえぬところで、光のなんたるかを感じとる、この奇跡を信じるところに基礎をおく教育。モンテッソーリ教育は、この「奇跡を信ずること」を、基本的態度とする教育といえるでしょう。

 

 この言葉は、その人から表出される「生きる態度全体」を、「光」という象徴を用いて表しています。

 

 ヘレン・ケラーのような人は、音も光もない世界に生きながら、人が発する「光」を、光として確実に認識する精神の自由を生きています。

 

 このような人の前で、わたしたちも、またわたしたちのこどもたちも、「光の子」として、認められる存在として生きる者となりなさい、と、神さまは、うながしておられます。

 

 神さま、どうかわたしたちがわたしたちのこどもたちが「光の子」としての輝きを輝かせて生きるものとなるように、心から信じ、願います。 

JUGEMテーマ:建学の精神

2016年12月4日アドベント第二主日 『神さまからの贈り物』

  • 2016.12.05 Monday
  • 19:51

『神さまからの贈り物」

                                           イザヤ 59:12〜20

 御前に、わたしたちの背きの罪は重く わたしたち自身の罪が不利な証言をする。

 背きの罪はわたしたちと共にあり わたしたちは自分の咎を知っている。

 主に対して偽り背き わたしたちの神から離れ去り 虐げと裏切りを謀り 偽りの言葉を心に抱き、また、つぶやく。

 こうして、正義は退き、恵みの業は遠くに立つ。

 まことは広場でよろめき 正しいことは通ることもできない。

 まことは失われ、悪を避ける者も奪い去られる。

 主は正義の行われていないことを見られた。

 それは主の御目に悪と映った。

 主は人ひとりいないのを見 執り成す人がいないのを驚かれた。

 主の救いは主の御腕により 主を支えるのは主の恵みの御業。

 主は恵みの御業を鎧としてまとい 救いを兜としてかぶり、報復を衣としてまとい 熱情を上着として身を包まれた。

 主は人の業に従って報い 刃向かう者の仇に憤りを表し 敵に報い、島々に報いを返される。

 西では主の御名を畏れ 東では主の栄光を畏れる。

 主は激しい流れのように臨み 主の霊がその上を吹く。

 主は贖う者として、シオンに来られる。ヤコブのうちの罪を悔いる者のもとに来ると 主は言われる。

 

青春時代とさしむかう林住期

 「主は贖う者として、シオンに来られる。ヤコブのうちの罪を悔いる者のもとに来ると」

 

 本日は、高校時代の同窓生である山内健治君と母上であられる信子姉妹をお迎えして、アドベント第二主日の礼拝を守れることを、主イエスに感謝します。

 山内君と三年間を共に過ごした、東京都立秋川高等学校は、ウィキペデイアの記述によると、「1965年(昭和40年)開校。校名は、秋川渓谷に由来する。東京都唯一の全寮制普通科高等学校であった。イギリスの全寮制名門校イートン・カレッジをモデルとし、本格的なパブリック・スクールを目指した。」とあります。

 入学までの春休み中に、パブリック・スクール卒業生の池田潔氏になる『自由と規律−イギリスの学校生活』(岩波新書)を課題図書として読むことが義務づけられ、わたしたちが入学した当時は、全員が大学進学を前提とした教育方針だと説明されていました。

 わたしたちは、開学以来6期生であり、まだ当時は一期生が大学生だったことになります。

 英国風のパブリック・スクールをモデルとは言っても、教育の伝統の違いは歴然としていて、むしろ、教師や、先輩たちは、精神的に旧制中学のばんカラ風を気取った気風を模倣したいような雰囲気があったと思う。

 全国で唯一の全寮制普通科公立高校だという事を気負うあまり、かつての選良を教育した旧制中学・高校の再現と自らに言い聞かせていたのかもしれません。

 パブリック・スクールとばんカラという奇妙な憧れがないまぜになった気分の男子ばかりの寮生活は、お互い遠慮なく、夜を徹して口角泡を飛ばして議論もするような、人格と人格がぶつかりあうような経験だったと思います。

 卒業して、40年以上も経過した今も、魂の内奥にあるものが、当時とほとんど変わっていない自分を感じています。

 そういう意味でも、山内君と久しぶりに会うという、この度の経験は、青春時代の荒削りだった自分自身と向き合うような、懐かしさというよりも、畏れに近いものを感じています。

 人生も、インドのヒンドウーの人生区分によれば、 森林に隠棲して修行する時期、林住(棲)期(ヴァーナプラスタ、50才〜74才)に入って、人生をふりかえりながら、次の世代に、さまざまなものを託してゆくべき年代になりました。

 青年時代の、熱情に溢れてはいたが、方向性が定まらず、目的が見えなかった彷徨の季節のひとこまひとこまを、ひとつひとつ噛みしめながら、残りの人生を神さまと隣人への責任を果たして、過ごしてゆきたい。そういう思いにかられています。

 

  奇跡の人

 今朝は、ヘレン・ケラーと直にお出会いなさった経験をお話してくださるということでしたので、映画の『奇跡の人』を、DVDを購入して観ることにしました。お恥ずかしいことですが、『奇跡の人』を、通して観たのは今回がはじめてでした。これまでも何度もその機会がありながら、避けてきた気がします。無意識のうちに、避けていたのかもしれません。もしも、ヘレン・ケラーの苦しみや、痛みを垣間見てしまったら、自分自身の人生は「どえらいことになってしまう」のではないかという予感を感じていたのかもしれません。

 わたしには、彼女の痛みがわからないし、想像することもできません。想像できないことをいいことに、想像しようとしてこなかったのかもしれません。想像を絶する痛みを、避けていたのかもしれません。  何度もDVDをとめて、また再生することを繰り返しました。苦しかったのです。いまでも反芻しています。

 アン・サリバン先生自身が、視覚障害者であり、辛い幼年期を施設で過ごしてきた女性でした。足の不自由な弟を、失った心の傷を抱えて、幾度もその記憶がフラッシュバックするシーンが出てきます。「奇跡の人」というのは実は、サリバン先生を、「ミラクル・ワーカ−」として賞賛した言葉でした。彼女は、ヘレンの人格のなかに隠れている、「神さまが与えたもうた贈り物」が絶対に存在している、という確信を、揺るぎなく持ち続けました。「神が与えたもうた贈り物」を信じて、教育し続けてたことが、ついに、言葉の発見へと導いたのでした。

 「水」という記号と、水そのものが言語であり、水の「存在」が対応関係にあって、あらゆる「存在」は言葉によって認識されており、その言葉によって人は物事を考えたり、伝えあったりするのだということを、彼女は突如として知りました。井戸水をくみ上げて、手にしたたり落ちるその流れを感じ取って、その事を「発見」した7歳の彼女の感動は、それまでのサリヴァン先生との苦闘の痛みをすべて忘却させるほどの感動を伴ったと彼女は書いています。

 その感動の意味を、もしも本当に自覚するなら、学ぶということの全体像が根底から変わってしまうかもしれません。

 痛み。ほかでもないこの「わたしが痛むと」いう意味で、わたしは固有な痛みを痛んでいます。しかし、わたしはこの固有な痛みを痛むことができることで、ほかの隣人が痛むということの固有さを、完全には知りえないにしても、幾分かは、このわたしの痛みを通して、類推し、想像することできるはずです。

 サリバン先生は、自身が視覚障害者として、指で文字を伝えるという「言語」を、彼女自身の障害を克服する過程で身につけました。驚きべきスピードで、先生はヘレンに、世界を指で伝えることに成功しました。

 痛みは、人と人とをつなぐ源になったのです。痛みを源泉として、成熟した人格関係を築きえる動物は、おそらく人間だけでしょう。しかも、その痛みを崇高な喜びへと導くことも人はできるのです。

 サリバン先生を、おそれて逃げ惑っていたヘレンは、あの「言葉の発見」の出来事から、深い尊敬・敬愛、信頼を寄せるべき「先生」と呼ぶように変わりました。これは回心と呼ぶべき程の劇的な信頼関係構築の瞬間でした。

 この発見によってヘレンのなかに起きたことを「奇跡」と呼び、この「奇跡」をもたらした働き人を、「奇跡の人」(ミラクル・ワーカー)と人々は呼んだのでした。

 ヘレン・ケラーが生涯かかえていた痛みを、彼女は次のように記しています。

 「子ども時代の悲しみの多くは、その当時の痛切な思いが消え失せており、また、幼い時に受けた教育の重要な出来事も、すばらしい発見の感激に埋もれ、忘れてしまったものが多い。」

 彼女は発見の喜びによって、痛切な思いは消え失せ、埋もれてしまったというのです。

  痛みを類推し、想像することも大切ですが、それ以上に、痛みを消え失せ、埋もれてしまわせるほどの感動の喜びを、また彼女のように、感じ取ることができると、もっと早くに知っていればと思います。

 わたしが密かに恐れていた回避的な逃亡などしないで、もっと早く、彼女の感動に共に響き合うべきでした。今は、人生のもっと早くに、ヘレン・ケラーと出会うべきだと思っています。

 小学校向きの伝記シリーズのなかで、一年生向きの伝記を見つけました。ヘレン・ケラーのことは、その一番最初に、選ばれています。(『10分でわかる伝記一年生』)

 こどもたちには、言葉と具体的な存在物との対応関係をヘレンが発見したことが、どんなにか大きな喜びであったかを、まず最初に知ってほしいと、教育者たちは願ったのでしょう。

 

 もうひとりの奇跡の人

  「こうして、正義は退き、恵みの業は遠くに立つ。まことは広場でよろめき、正しいことは通ることもできない。

 まことは失われ、悪を避ける者も奪い去られる。主は正義の行われていないことを見られた。 それは主の御目に悪と映った。」

 

 もうひとつ、わたしは驚きをもって、神さまに感謝したい事としてお話したい事があります。

 それは、ヘレン・ケラーが三重苦を克服して、高度な詩文をかいたり、思想を構想したり、社会運動に先見的な発言をすることができただけでなく、時代の流れに流されることなく、人と人との変わることのない友情を、戦争という人と人とを流血で引き裂く圧倒的な力にも、決して揺らぐことなく保持し続けることができた人格的高潔さに、わたしは目を瞠るのです。

 彼女の伝記を翻訳し、日本ライトハウスを創設した岩橋武夫氏との変わらぬ友情にそれを観ます。

 

 本日は山内君が、沖縄学徒として、紹介してくださるでしょうが、沖縄の隣人は、わたしたちの同胞であり、聖書的に言うのであれば、「神さまが与えてくださった大切な兄弟姉妹という贈り物」です。

 東村盥召任蓮△△の「オスプレイパッド」建設が強行され、神が何十万年もかけて創生してきた貴重な森、森の生き物が蹂躙され、住民の方々は、何十年間も休むことのない米軍基地による苦しみの生活を強いられています。沖縄の痛み、苦しみを、わたしたちはどのようにかしても受けとめるという良心を、わたしたちは神さまに祈り求めたいと思います。ここでも私たちは、避けて通りたいという逃げ腰になりそうな自分たちを知っています。

 預言者の言葉は、同時代的に胸を打ち鳴らします。

 

 「御前に、わたしたちの背きの罪は重く わたしたち自身の罪が不利な証言をする。

 背きの罪はわたしたちと共にあり わたしたちは自分の咎を知っている。

 主に対して偽り背き わたしたちの神から離れ去り 虐げと裏切りを謀り 偽りの言葉を心に抱き、また、つぶやく。

 こうして、正義は退き、恵みの業は遠くに立つ。まことは広場でよろめき 正しいことは通ることもできない。」

 

 わたしたちの「咎」。それは、「神さまからの贈り物」であるわたしたちの兄弟姉妹を犠牲にして、自分たちの生活の安寧のみを貪ることではないでしょうか。

 わたしたちは、幸福に生きていられる喜びを感謝しますが、この幸福の足下には、兄弟姉妹の犠牲という土台があり、その上に乗っかっている安寧を貪っている「幸福」ではないのだろうか。

 

 このように、預言者は、わたしたち自身の限りない原罪を糾弾してやみません。

 

 わたしは、岩橋武夫の要請を受けて戦後二度目の来日を果たして、2人が抱き合って再会したという事実に感動を覚えます。

人と人とを引き裂く、時代精神、戦争という嵐にも、ふたりの間の友情は揺らぐことはなかった。わたしは、この2人の闇の世界に住む老人同士の深い友情に、高貴なものを観ます。

 

 彼女が、広島を訪問したとき、彼女には、何も見えず、聞こえないのに、彼女は涙を流して、広島の犠牲者の死を悼んだそうです。その高貴な精神は、米国が犯した原爆投下という事実を心から悔い改める「砕かれし魂」ではなかったでしょうか。

 

 「主は贖う者として、シオンに来られる。ヤコブのうちの罪を悔いる者のもとに来ると」

 

  「ヤコブのうちの罪」とは、イスラエルの開祖ヤコブの罪です。

 

 ここには、自らのアイデンティティーの源である開祖の罪を悔いるという、驚くべき痛悔の精神が語られています。

 自分たちの先祖を誇り、おごり高ぶるのではなく、先祖の罪を悔いる者にこそ、主は贖い主として来られるのだというのです。

なんという高潔さでしょうか。

 この痛悔こそが、何十万人もの生命を奪った原爆の痛みを、わが罪として痛悔する涙となって、彼女の頬を浸したのでありましょう。

 

 この涙を流す者ゆえに、岩橋氏と涙の再会ができたのだと思います。

 

 

JUGEMテーマ:建学の精神

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM