スポンサーサイト

  • 2019.03.19 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    生活発表会によせて 2013

    • 2013.01.28 Monday
    • 15:06
    「ほめてあげてください。」とことある毎にわたくしはみなさまにお伝えしてきました。「ほめる」ことで、こどもたちは、とりくんできたことへの努力が報われたという実感を味わうことができるからです。けんめいにお仕事をした結果が「できた!」という達成感を味わうだけでなしに、そこで感動している自分を正しく評価してくれる大人がいるという経験は、快感となって自信を造り上げるでしょう。だからこそ的確に「ほめる」ことが教育には大切なことだと思われるのです。
     
     ただし、的確にほめるということを意識していないと、逆効果になりかねません。

      ある職場に心理学の専門家がいました。その人は部下をやたらとほめる人でした。どうでもいいような簡単な仕事もほめるし、怠けている人にもほめるので、しまいにその人がほめても誰もほめられた気がしなくなってしまいました。その心理学の専門家は「的確にほめる」ということをしなかった結果でした。

      努力もしていないのにほめられると、わたしたちは努力して仕事に挑戦する事への意欲を失ったり、もしできなかった時に恥ずかしいと思ったりするものです。「ほめる」ことで、かえって、出来ないことに挑戦する気概を持てない子ども、そのため自己評価が低い子どもになったりする危険があります。

      ほめる場合には、注意すべきことが二つあるように思います。

      その第1は、才能をほめるのではなく、努力した事自体をほめるということです。生まれながらの才能や知能の潜在的可能性は神さまから与えられた賜物です。わたしたちには、その賜物を伸ばし、何倍にもして神さまからいただいたギフト(贈り物、賜物)を最大限に輝かせる(発揮する)責任が命じられています。それゆえ、神さまからいただいている原石をほめるのではなく、原石をいかに磨くかについての責任をこそ評価すべきです。たとえば、「君は頭がいいね。賢いね。」とかいうことは、よくない。むしろ、「やったね。頑張ったね。」と、努力した事を評価したほうがよい、ということです。

      第2は、感動することです。モンテッソーリ教育を学ぶ会で、算数教具の提示を学んだ方々は、口々の、「算数がこんなに楽しいって知らなかった」と言われます。たぶん、それは抽象的な数の世界と、現実の世界が実は緊密につながっていて、不思議な法則がひそんでいるという発見を追体験させてくれるからではないでしょうか。この体験による感動を味わったこどもは、学ぶことの楽しさを知っているので、次から次へと学ぶことを探し求めるようになるのではないでしょうか。

      ほめるということは、いっしょに感動するということ、いっしょにこどもと楽しむということなのではないでしょうか。こどもがお仕事を完成したと感動している一瞬の心の動きを見逃さず、たとえ言葉にならなくても、目と目があうそのアイコンタクトだけで、こどもの感動をいっしょに喜ぶこと、そのことで子どもは見守れていること、共に喜んでいることを感じとり、それが自信へとつながってゆくのです。

     生活発表会に至るまでの過程で子どもたちはひとりひとり様々な体験をしました。それはどれもが大切な体験です。ひとひとりがそれぞれ大切な体験をしているでしょう。的確にほめるということを念頭におきながら、どうかこどもたちと喜び・感動を共にしてほしいと願っております。

    生活発表会によせて 2013

    • 2013.01.28 Monday
    • 15:06
    「ほめてあげてください。」とことある毎にわたくしはみなさまにお伝えしてきました。「ほめる」ことで、こどもたちは、とりくんできたことへの努力が報われたという実感を味わうことができるからです。けんめいにお仕事をした結果が「できた!」という達成感を味わうだけでなしに、そこで感動している自分を正しく評価してくれる大人がいるという経験は、快感となって自信を造り上げるでしょう。だからこそ的確に「ほめる」ことが教育には大切なことだと思われるのです。
     
     ただし、的確にほめるということを意識していないと、逆効果になりかねません。

      ある職場に心理学の専門家がいました。その人は部下をやたらとほめる人でした。どうでもいいような簡単な仕事もほめるし、怠けている人にもほめるので、しまいにその人がほめても誰もほめられた気がしなくなってしまいました。その心理学の専門家は「的確にほめる」ということをしなかった結果でした。

      努力もしていないのにほめられると、わたしたちは努力して仕事に挑戦する事への意欲を失ったり、もしできなかった時に恥ずかしいと思ったりするものです。「ほめる」ことで、かえって、出来ないことに挑戦する気概を持てない子ども、そのため自己評価が低い子どもになったりする危険があります。

      ほめる場合には、注意すべきことが二つあるように思います。

      その第1は、才能をほめるのではなく、努力した事自体をほめるということです。生まれながらの才能や知能の潜在的可能性は神さまから与えられた賜物です。わたしたちには、その賜物を伸ばし、何倍にもして神さまからいただいたギフト(贈り物、賜物)を最大限に輝かせる(発揮する)責任が命じられています。それゆえ、神さまからいただいている原石をほめるのではなく、原石をいかに磨くかについての責任をこそ評価すべきです。たとえば、「君は頭がいいね。賢いね。」とかいうことは、よくない。むしろ、「やったね。頑張ったね。」と、努力した事を評価したほうがよい、ということです。

      第2は、感動することです。モンテッソーリ教育を学ぶ会で、算数教具の提示を学んだ方々は、口々の、「算数がこんなに楽しいって知らなかった」と言われます。たぶん、それは抽象的な数の世界と、現実の世界が実は緊密につながっていて、不思議な法則がひそんでいるという発見を追体験させてくれるからではないでしょうか。この体験による感動を味わったこどもは、学ぶことの楽しさを知っているので、次から次へと学ぶことを探し求めるようになるのではないでしょうか。

      ほめるということは、いっしょに感動するということ、いっしょにこどもと楽しむということなのではないでしょうか。こどもがお仕事を完成したと感動している一瞬の心の動きを見逃さず、たとえ言葉にならなくても、目と目があうそのアイコンタクトだけで、こどもの感動をいっしょに喜ぶこと、そのことで子どもは見守れていること、共に喜んでいることを感じとり、それが自信へとつながってゆくのです。

     生活発表会に至るまでの過程で子どもたちはひとりひとり様々な体験をしました。それはどれもが大切な体験です。ひとひとりがそれぞれ大切な体験をしているでしょう。的確にほめるということを念頭におきながら、どうかこどもたちと喜び・感動を共にしてほしいと願っております。

    昨年の生活発表会にむけての言葉を再録

    • 2013.01.22 Tuesday
    • 14:00
    発表会によせて
     「生活発表会」・・・とは、よく名付けてくれたと思います。
    先覚者の知恵を感じます。
    ある方から次のような話を伺いました。
      ある園の未就園クラスに参加した時のこと、
    「そんなんじゃ、お父さん、お母さんに見せられないでしょう。しっかりやって!」という先生の叱咤激励の声が耳に入ってきてしまった、とてもショックだったというのです。

    ホザナのゆったりとした生活の流れでは、こういう声はありません。またあってはならないものと思っています。
      文字通り、「生活」が「発表」という機会を得て、活き活きと表現され、そこに何よりもこどもたちの溢れんばかりの喜びが現わされる場が「生活発表会」と呼ばれる、わたしたちはこのように考えます。

      普段のこどもたちの発見に満ちた、好奇心、集中現象、夢中になって転げ回って自由を、自由に、体験する豊かな世界が、保護者の方々との愛着を動機としてより一層豊かに、発酵する機会、それこそがわたくしたちの願う「生活発表会」です。

      ゆめゆめこどもをある方向に誘導し、集団訓練し、大人の指示通りに動くというようなこどもをつくりあげるようなことはあってはならない・・・。

      先生たちには、毅然とした成熟した威厳ある大人として、ゆっくりと静かに、こどもの内面世界に意識を集中し、祈りをもって適切な言葉を探し、紡いでゆく努力をしていただきたいと願っています。

      園長も年長さんの劇の効果音作成に参加しました。セリフ収録の時の、こどもたちの輝く目がとってもまぶしくて、嬉しい気持ちで一杯になりました。背景音に合わせた練習では、ものずごい盛り上がりをみせてくれました。ひとつひとつを作り上げてゆくプロセスそのものがこどもたちの心を育てている、そんな自分自身の「生活」を家族の方々、お友だちに見せたい、そのような思いを温かく、見守り、応援してくださればと願っています。
     

                             園長 清水与志雄

    生活発表会 よかった!放送予定日は?

    • 2010.02.28 Sunday
    • 20:41
    こどもたちは、のびのびと楽しそうでした。お家の方も大勢来て下さってこどもたちも大喜びでしたね。「ママ−」と笑顔で呼びかける様子はいかにも嬉しそう。きっとこころに喜びは大きな安心の湖に清く澄んだ喜びの水を注ぎ込んだことでしょう。 「ママが来てくれた」「パパが」「おじちゃま、おばあちゃまが来てくれた」、こどもたちにはそれがどんなに嬉しいことでしょうか。一生の宝物になるのです。 学校自己評価アンケートの〆は明日です。あくまで教師たちの自己評価のための資料です。教師たちにとって、教育に資するためのものです。それをよく考慮してお答えをお願いいたします。 行田テレビでの放送は、 浮城かわら版  行田テレビニュース 3月5日(木)18:00〜3月8日(月)12:00 チャネル行田『番組』 2時間番組   3月14日(日) 以降 ご視聴お願いします。

    生活発表会 よかった!放送予定日は?

    • 2010.02.28 Sunday
    • 20:41
    こどもたちは、のびのびと楽しそうでした。お家の方も大勢来て下さってこどもたちも大喜びでしたね。「ママ−」と笑顔で呼びかける様子はいかにも嬉しそう。きっとこころに喜びは大きな安心の湖に清く澄んだ喜びの水を注ぎ込んだことでしょう。

    「ママが来てくれた」「パパが」「おじちゃま、おばあちゃまが来てくれた」、こどもたちにはそれがどんなに嬉しいことでしょうか。一生の宝物になるのです。

    学校自己評価アンケートの〆は明日です。あくまで教師たちの自己評価のための資料です。教師たちにとって、教育に資するためのものです。それをよく考慮してお答えをお願いいたします。
    行田テレビでの放送は、
    浮城かわら版  行田テレビニュース 3月5日(木)18:00〜3月8日(月)12:00
    チャネル行田『番組』 2時間番組   3月14日(日) 以降
    ご視聴お願いします。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • キリスト教主義教育における神の像の提示について
      エムト (10/10)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM