2017年10月聖句によせて  「アブラムは、主の言葉にしたがって旅立った。」  創世記12章4節

  • 2017.10.02 Monday
  • 00:40

◆聖句によせて  「アブラムは、主の言葉にしたがって旅立った。」  創世記12章4節

 

 初代文部大臣森有礼の孫に森有正という人がいました。

 

お父さまは森明といい、キリスト教の牧師でした。

 

有正氏は生後間もなく幼児洗礼を受け、6歳の頃からフランス語やラテン語を学び、終生フランス語で思索することができた希有な方でした。

 

 

 東京大学の職を辞しフランスに永く暮らされ、ヨーロッパの基督教の息吹をパリから美しくも鮮烈な文章で送り続け、多くの人を魅了しました。

 

 

 パイプオルガンの名手でもあり、哲学的思索と音楽に生きるということの美しさを体現されたような人として、わたしは今も強く憧れています。

 

 

 同氏が国際基督教大学で、講演されたアブラハム物語についての省察は、青年時代のわたくしに強烈な啓示的な感動を与えました。

 

 アブラハムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教を創始したといっても言い過ぎでない世界宗教の源流に位置する人物です。

 

 イスラエルという名を神によって与えられたヤコブは、アブラハムの孫にあたります。

 

 創世記は、アブラハム、イサク、ヤコブの物語で大半をしめています。

 

 「信仰の祖」と言われるこの人を神は、召し出されました。いわゆる「召命」の出来事です。

 

 神さまによって、呼び出された出来事を、「召命」と呼んでいるのです。

 

 英語では、コーリングと言います。まさに神さまが呼んだ出来事だからです。

 

 英語でもドイツ語(「ベルーフ」)でも天職を意味する言葉は、「神さまが呼び出された」という意味から言葉が形成されています。生業に生きることは神の呼び出しだというのです。

 

 アブラハムは、神の声を聴いて、行き先を知らずして旅立ちました。

 

 およそ旅立つという行為は、行き先をめざして出発するものですが、アブラハムは、行き先を知りませんでした。

 

 神はただ「私が示す地へ行きなさい」とだけ命じられたのでした。

 

 森有正氏のフランス行きも、神の声を聴いたからかもしれません。

 

 同氏は、この「行き先を知らず」に旅だったアブラハムの姿に、信仰というもの事柄の原点を見ていたと思います。

 

 わたしたちの人生も、実は旅先を知らない旅そのものではないでしょうか。

 

 わたしたちは、常に、この旅の途上にあるのではないでしょうか。

 

 「一瞬先は闇」のような世界だけれども、わたしたちは、安心して旅を続けています。

 

 どうして安心していられるのか。患難辛苦も時には襲来する。安穏平和な日々もある。

 

 辛いときも、悲しい時も、喜びの時も、わたしたちの旅を根底から支えて、その都度、行くべき道を示してくださる方がいることを感じます。

 

 人生は苦しみさえもひっくるめて、神さまに導かれている。

 

 こうした安心立命の旅を、アブラハムは一番最初に人類に示してくれました。

 

 森有正氏もその旅に生き、そして逝った、わたしはそう思っています。

 

 

JUGEMテーマ:建学の精神

2017年9月 ◆聖句によせて   「求めなさい。そうすれば、与えらる。」  マタイ7章7節

  • 2017.08.25 Friday
  • 19:31

JUGEMテーマ:建学の精神

 ◆聖句によせて   「求めなさい。そうすれば、与えられる。」  マタイ7章7節

   求めるということは、惹かれるということがあるので、求めるのでしょう。

好きな人に会いたい、という場合には、好きなその人に惹かれる(魅せられる、惹きつけられる、思いを寄せる・・・) ので、その人と一緒にいることを求めるのでしょう。

 一緒にいたいという願いは、そう願うこと自体が喜びですし、その願いを成就することは、好きな人から好かれる自分自身でありたいという願いをも含みますので、自分自身を、磨くようになります。これが「求める」ということなのでしょう。


 強く願うということもあるでしょう。

 ある学校に入りたいと、強く願うようになると、その学校に入るために惜しまず努力することは苦ではなくなります。

 それは、はっきりとした目標があるからです。 目標がはっきりと定まらないと、努力は苦役になります。何のための努力かわからないからです。つまりは、その場合は求めてはいないからです。求めているのであれば、努力も勤勉も、それは愉快な楽しみとなります。

 ひとつひとつの目標を通過するごとに達成感という報償、喜びが脳を満たします。

 わたしたちはその喜びを再び得たいと願い、さらに次の目標達成をはかります。これが、「求める」ということなのでしょう。

 
万有引力とは Universal gravitation is the power of solitudes
ひき合う孤独の力である pulling each other
宇宙はひずんでいる Because the universe is distorted,
それ故みんなはもとめ合う we all seek for one another.


   谷川俊太郎の詩「二十億光年の孤独」の一節です。


  すべての存在者には、存在する事自体で、引き合う力が働いています。

 その力とは、互いに惹きつけ合うところの「孤独」だというのです。

 詩人は「孤独」だから、互いに惹きつけ合うというのです。

 

 さらに、宇宙は時空がひずんでいる、ゆがんでいるので、すべての存在は「求め合う」と。

 素晴らしい洞察ですね。宇宙のひずみ、歪みが、互いに求め合う力だというのです。

 

 神は、そのようなもの、すなわちあらゆる存在を、たえず惹かれあい、求め合い動いてゆく存在として創造したもうたというのです。


 主イエスは、「求めなさい」と命じられました。

 

 わたしたちは時々、目標を見失って、惹かれ合うことを忘れるからでしょう。

 求め合うことは、わたしたちが存在する本来的な本質に基づいているのです。

 

 こどもたちをよく観察してみてください。

 たえず、何かを求めています。探しています。その力を信じましょう。

◆7月の聖句によせて 「天よ、喜び祝え、地よ、喜び踊れ。」詩編96編11節

  • 2017.07.01 Saturday
  • 01:42

JUGEMテーマ:建学の精神


  なんと気宇壮大な、とてつもなくスケールが大きい喜びが語られていることだろう。しかも、大地に向かって「踊れ」と叫んでいる。
 自由なこどもは、飛び跳ねるという。(エリクソン)
 そのとおりだ。

 トランポリンがあれば、こどもたちはまちがいなく、四六時中飛び跳ねている。
 自由遊びの時間、子どもらは、笑いながら走り回っている。追いかけっこをしたり、鬼ごっこをしたり、跳ね回るといったほうがいいくらいに、転げても、起き上がり、泣いても、笑っても、それがたまらく面白いのだ。


 大地から数センチでも数十センチでも、跳び上がるという行為は、「自由」を求める人間の根源的な欲求に基づいている。

 

 地球の重力という強大な力にあらがい、空中に飛び跳ねている、その刹那は、それだけ「地」から自由に、「天」に向かっての存在になりきっている。こどもらは、この「自由」を本能的に求めている。


 こどもらが、跳ね回り、走り回り遊ぶことによって、この「自由」を、全身で味わっているのだ。


 したがって、幼児期においては、遊びは、自由を味わうことであるのだから、自ずから自発的であり、人生のその瞬間にしか味わうことができない感動に満たされているものなのである。


 だから、こどもひとりひとりが、自由を味わう喜びこそが、「遊び」なのであるから、集団として型にはめて、一定の方向に全員を顔をむけさせて行う「一斉授業」(保育)は根底から、この本質的な喜びを妨げるものなので、幼児期には、極力避けねばならない。


 こどもらは嬉しい時に、跳ねる。楽しい時に跳ねる。


 そして、ときには、くるくるとまわって、目を回してみる。


 すると、世界がグルグルして、フラフラになる。それがまたたまらなく、こどもらを楽しませる。いろいろとやってみる。


 石段を駈け上ってみる。塀の上をはしってみる。水たまりがあれば、入ってみる。泥だらけになったら、なったで面白がる。 

 


 世界と、「天」と「地」と、自由にかけまわって、世界を感じとる。

 


 われらは、高原を登り切った尾根から、平らに広がる広大な高原の景色を眼下に見下ろすとき、「天」「地」が接する世界、宇宙を感じるものだが、

 この世界を感動する経験を、こどもらは日々しているといってよい。

 

 こどもの視線からみれば、「こどもの庭」(キンダーガルテン=幼稚園)は、十分に冒険に値する小宇宙だ。


 わたしたちの園は、「一斉保育」では味わえない、世界を喜び世界を飛び出す、人生ただ一回の感動の経験を、幼稚園でいっぱい味わってほしいと祈るのである。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM